【約9万円】キャンプ初心者2人の道具初期費用を公開│節約したい人向け

スポンサーリンク
二人分のキャンプ初期費用キャンプ道具

こんにちは!ワナキャンのちほです。

今回は夫婦2人でキャンプを始めるとしたら初期費用はだいたいいくらかかるのか?についてご紹介いたします。

結論から言うと、我が家は約9万円でした!

具体的な内訳について説明いたしますので、1つの参考としてご覧ください!

我が家の初期費用は約9万円

キャンプ荷物二人分

結論から申し上げると、我が家のキャンプ始めた頃にかかった道具の費用は、およそ9万円でした。

キャンプ道具の金額はぴんきりなものばかり。そのため人によってこの金額はかなり前後すると思います。今回ご紹介する道具の中で必要ないと思うものや、より安いものをゲットできたらさらに安く抑えることも可能です!

後ほど詳しく説明いたしますが、我が家はあらかじめ予算を決めていたのでだいたいその中でやりくりした、といったところです。

まずは予算をざっくり決めよう

キャンプ道具

キャンプを始める!キャンプ道具を揃える!と決めたら、まずは予算をざっくり決めましょう。

「どのキャンプ用品にいくらかかるのかわからないのに?」と思いますよね。でも、ざっくりでいいんです。

お財布の状況と相談しながら「10万円ぐらいなら出せる」とか「8万以上は厳しいな」とか、「大体10万円、マックス15万円」とかでOK。私たちは「目安は10万円。できたら下回ること。」としました。

いろいろなキャンプ道具を見始めるとあれこれ良く見えてしまい、歯止めが効かない状況になります。

そのため、最初になんとなく予算を決めておくことで、その予算内でやりくりするよう買い物のストッパーにもなりますし、無駄遣いもせずに済みます!

最初から高級なものを買う必要はない

100均キャンプ道具

キャンプ初心者の方は、最初から高級なものを買う必要はありません。「どうしてもこれがほしい!」と思うものがある場合は別ですが…。

高価なものを買わなくていい理由としては、2つ。

  • キャンプをしていくと違う種類が欲しくなって最初に買ったのは結局使わなくなる。
  • もしかしたらキャンプをしなくなる可能性もある。

まずはキャンプというものを体験してみて、楽しむことから始めましょう。

低価格のキャンプ道具でも十分機能は備わっていますし、十分楽しめます。なんなら最初はキャンプ道具をレンタルしてから始めるのもおすすめ!

自分たちの手の届く範囲のキャンプ道具で始めてみて、「もっとこういうの欲しいな」と思ったら買い足したり買い換えればいいと思います!

キャンプ初心者の費用内訳

それでは、実際に我が家が最初にかかった費用の内訳について説明させていただきます。

「最初は何を揃えればいいの?」という方は、よろしければこちらの記事も参考ください。最低限揃えるべき道具について紹介しております。

こちらの記事をもとにしながら、プラス我が家が最初に買ったものについてお話いたします。今回紹介する道具はこちら!

  1. テント
  2. タープ
  3. 寝袋
  4. 寝袋の下に敷くマット
  5. グランドシート
  6. BBQグリル
  7. 焚火台
  8. ガスコンロ
  9. テーブル
  10. チェア
  11. LEDランタン
  12. クーラーボックス
  13. クッカー
  14. ホットサンドメーカー
  15. 調理道具やカトラリー類、その他
※参考価格を掲載いたしますが、執筆時点の金額を参考としているため実際の金額と異なる可能性がございます。予めご理解いただけますと幸いです。

テント

DODライダーズタンデムテント

テント泊をするなら必須とも言えるテント。実際、テントはかなりぴんきりです。1万円台で購入できるものもあれば上は手が届かないほど高価なものも。

私たちは、最初DODのライダーズタンデムテントを購入しました!約30,000円(参考:楽天)です。

人気なのか、品切れな状況。。。DOD公式サイトもご確認ください

ライダーズタンデムテント(タン) T3-485-TN - DOD(ディーオーディー):キャンプ用品ブランド
2人でもゆったりサイズのワンタッチテント。キャンプツーリングで使用しやすいよう、広い前室とコンパクトサイズを両立。

もし2人用のテント選びに迷ったら、こちらの記事も参考になると思います。3万円代なので比較的お手頃です

タープ

BUNDOK ミニヘキサゴンタープ

タープはテントに前室がない場合、日差しや雨から守ってもらうために必要です。

BUNDOKで約5,000円(参考:Amazon)。

私たちは最初、テントに前室があったため買わなかったのですが日帰りキャンプのときにテントを張るのがめんどくさく、タープで手軽に日除けしたかったので買いました。

テントのブランドと合わせてキャンプスタイルを統一させる選び方もおすすめです!

寝袋

冬キャンプ寝袋

テント泊をするなら寝袋も必須!寝袋はこだわりがなかったので、3シーズン対応&機能性も十分&安価なこちらにしました。

約2,000円×2人分=約4,000円です(参考:Amazon)。

寝袋もかなりぴんきり。化学繊維なら1,000円代からありますがダウンになると数万円するものも。安さを求めるなら断然「化学繊維」です。

この寝袋は安さのわりに寝心地も良く、いい買い物をしたので知人にもすすめて使ってくれています。真冬は寝袋を2つ重ねて暖を取ることもありますが、この値段なら気軽に買えるので寒さを我慢する必要もありません!

二個セットだとお得ですね

寝袋の下に敷くマット

エアマット

寝袋の下に敷くマットもさまざまな種類があります。私たちは厚さが5cm以上あってコンパクトに収納できるためこちらを選びました。

約3,700円×2人分=約7,400円です(参考:Amazon)。

実際、寝るときに寝袋だけでも寝れますがそれだと後悔します。私たちは最初寝袋だけで寝たら体をばきばきに痛めてしまいました。

その経験から、みなさんにはぜひ最初から揃えていただきたいです!

グランドシート

グランドシート

テントの中に敷くマットは地面からの冷気をシャットダウンするために必要です。

どんな機能のものを選べばいいのかわからずこちらを買いましたが、何年か経っても未だにこれを使うことも。なので特にこだわらなくても良かったんだな、と実感しています。

約1,700円です(参考:Amazon)。

BBQグリル

コールマンファイアーグリル

火を起こしてBBQがやりたい!という方はBBQグリルは必須です。コンパクトに収納できて卓上でも使えるBBQグリルちょうどいい!と思ってこちらを購入。

コールマンで約5,000円(参考:楽天)。

料理は最初はガスコンロでいいかな、という方や最初はご飯を作らない、という方は準備しなくてもOKです。

焚き火台

キャンプ焚火台

焚き火がしたい方は焚き火台も準備しておくのがおすすめ。直火NGのキャンプ場で焚き火をするなら必須です。

我が家はこちらを使っています!とてもお手頃なのに十分焚き火を楽しめます♪

約2,000円です(参考:Yahoo!)。

この焚き火台は網目が細かいため炭などが下に落ちにくい構造になっていますが、それでも細かい灰は落ちます。

そのためこのLOGOSの極厚アルミホイルを敷いて、焚き火台から落ちてくる灰をキャッチ!今はこれを使って後片付けの手間を省いています!

BBQをするときもこれがあると便利ですよ♪

ガスコンロ

ガスコンロ

朝から火をおこすのはめんどくさいだろうな、と思い朝のホットサンドはガスコンロで作ることにしたためガスコンロも購入。

驚安の殿堂ドン・キホーテで買ったのでネットに同じのはありませんでした…。たしか約1,800円ぐらいです!

テーブル

カインツテーブル

料理を作ったり、食事をするときにテーブルは必要ですよね。私たちはプチDIYができるこのカインツのテーブルに一目惚れしました!

カインツ クロスレッグセット穴付き(丸)3,480円(税込:カインツ)。

クロスレッグセット詳細

刷毛(約300円)とペンキ(約700円)を合わせてトータル5,000円弱した!安くてオリジナル感もあってお気に入りです♪

チェア

キャプテンスタッグチェア

チェアは種類が豊富、値段もぴんきりなので選ぶのがとても大変だと思います。キャプテンスタッグのこのチェアは使っている人もよく見かける人気商品!

なんと送料込みでも約2,000円弱×2人分=約4,000円!!(参考:楽天)

こんな安く買えるの!?と驚いたことは鮮明に覚えています。持ち運び用の袋もあるため持ち運びも楽ですし、ドリンクホルダーもあって使い勝手のいいチェア♪

LEDランタン

キャンプ場の夜は真っ暗です。ランタンは必ず準備しましょう!

最初は気軽に使えるLEDランタンがおすすめです。私たちは見た目が好みだったのでこちらにしました。

Colemanのナチュラルウッド、約5,000円です(参考:アウトレット)。

LEDランタンももっと安いものやさまざまなデザインのものがありますので、お好みのものを見つけるのがいいと思います。お気に入りの道具が揃うとキャンプがより楽しくなりますからね!

ヘッドライトやテーブル用の小さなランタンは100均でもOKです!

クーラーボックスorクーラーバッグ

冷蔵の飲み物や食べ物を持って行くならクーラーボックスは必須。最初は折り畳めて収納に困らないクーラーバッグにしました。こちらも出先で安くゲット!

Colemanのデイリークーラー約3,500円です(参考:楽天)。

夫婦2人で1泊2日なら30Lでも足りると思います!

クッカー

自宅の調理器具を持っていくのでもよかったのですが、あまり汚したくなかったのとクッカーを使ってみたくてこちらを購入。

mont-bellのクッカーセット4,400円(税込:mont-bell公式)です。

自宅のフライパンなどを使ってもOKという方は不要かと思います!

mont-bellアルパインクッカー ディープ 11+13 セット

ホットサンドメーカー

ホットサンドメーカー

どうしてもホットサンドが作りたくてホットサンドメーカーを探した結果、自宅のIHでも使えるホットサンドメーカーに即決!

買った当社は3,000円台ぐらいだったと思うのですが、今は少し値上がりした様子です。約5,600円でした(参考:楽天)。

これがないとキャンプが始まらない、というぐらい愛用している道具です!

調理道具や食器類、その他

100円キャンプグッズ

他の調理道具や食器類、もろもろゴミ袋などは、自宅にあるものと100均で揃えました。そのため始めてキャンプに行く直前の100均への買い出しは大量。

確か、トータルで3,000円ぐらいです!思い出す限り、100均ではこちらを買いました。

包丁まな板バットざる
おたまフライ返しスキレット
スプーンお皿コップラップ
アルミホイルキッチンペーパーウェットティッシュ着火剤
チャッカマン軍手ヘッドライトゴミ袋
スポンジ洗剤など

調理道具に関して、アウトドアブランドがいいといったこだわりがない私たちは、買い替えることなく何年も使っています。100均、侮れません!

約9万円でキャンプデビューできた!

2人でキャンプ

これまで登場した金額をすべて合計すると、87,400円です。その他にも小物関係を入れるかご、サンダルなどを買ったためトータル我が家は約9万円でキャンプデビューがしました!

この金額で十分楽しいキャンプが実現したので、すっかりはまっています。

これからキャンプを始める夫婦やカップルの方々の参考になれればうれしいです!

素敵なキャンプデビューをしてくださいね。