【節約キャンプ】道具や小物をお得にゲットするならここに行ってみよう!お買い得おすすめスポット紹介

スポンサーリンク
キャンプ豆知識

キャンプ用品を1から揃えるとなると、莫大なお金がかかってしまいますよね。

どうにかお得に揃えられないか?と考えてネットサーフィンしたり、いろいろなアウトドア用品を見に行ったり、1つのアイテムを買うのに時間も労力もかかります

もちろん、リサイクルショップやフリマアプリを使えば安く済みますが、今回は

中古は嫌、新しいものが欲しい
自分の目で見て確かめたい

という方に見ていただきたいです。

これまで私たちが足を運んで「お得にキャンプ用品を揃えるのに穴場だ!」と思った場所をご紹介いたします。

お金の節約は○機能の節約は×

最初に申し上げておきますが、いくら安いからと言ってそこにフォーカスするのは要注意です!

特にキャンプ道具(テントやタープ、寝袋など)は、

機能性が悪くて快適なキャンプにならなかった…
すぐ壊れてしまって買い直すはめに…

となってしまっては元も子もありません

安くても、機能・性能は十分備わっているか?快適に楽しくキャンプができるか?と、キャンプしているところをイメージしましょう!「○○○ 選び方」と検索すれば、今はたくさんの情報を得ることができるので、それを参考にするのもおすすめです。

よろしければ、テントについては以下の記事もご参考ください。

【初心者向け】2人で使うテントの選び方!今更聞けないテント選びの基本を徹底解説
キャンプを始めよう!と思ったらまず購入を検討するのがテントではないでしょうか?しかし、テントの種類って多すぎてどう選べば良いのかわからないですよね。  初めてのテント選び、何を基準にしたら良いの? という方に、ぜひ読んでいただきたいです。 難しいこと...

お得にゲットできるおすすめのブランド・スポット

キャンプ道具や小物関係がお得にゲットできるブランドやスポットを厳選いたしました!

新たに見つけたら随時更新していきますので、お近くにあればぜひ足を運んでみてください

おすすめ①:道具関係はホームセンター

1つ目は、ホームセンターです!

オリジナルのアウトドア用品が高機能&低価格で販売!
ネットで見ていた商品もお手頃な可能性も!?

ホームセンターのアウトドアコーナーや、欲しい道具の売り場に行くと、とってもお得な値段で販売されています!

各ホームセンターからはオリジナルのアウトドア用品が販売されていて(例:コーナン・DCM)、一式揃ってしまうと言っても過言ではないほど品揃えが豊富です。さらに、キャンプ用品のブランドに引けを取らない機能も備わっているので、デザインなどこだわらなければ十分。

テント、タープ、キャリーワゴン、いす、クーラーボックスなどなど

一度見て、ネットと比較するのも良いと思います!私たちはホームセンターに行くのが遅く、「ここで買えば良かった…」と思った苦い経験があります。

おすすめ②:衣類関係はワークマン

「ワークマン女子」という言葉ができるほど人気が高まっているワークマン。キャンプをする人にとって強い味方です!

おしゃれ!かわいい!なのに高性能&低価格!
バッグや靴もかゆいところに手が届くラインナップ!
ワークマンに行かれたことがある人はわかるかもしれませんが、「安い!なのにかわいい!」と思ってしまう品揃えです。それなのに性能も良く、コストパフォーマンスが最高です。
高撥水のパーカーや吸汗速乾のストレッチパンツ、冷感Tシャツ、防水シューズ、防水バッグなど全身コーディネートが可能です。
さらに嬉しいのが、季節に合わせて「こんなもの欲しかった!」と思える商品があること。冬なら寒さを凌げて、夏なら防虫や速乾など、キャンパーにとって嬉しいアイテムばかりです!
売り切れも度々発生するので、気になったら早めにゲットするのがおすすめ。
私もリュックを使っているのですが、軽くてどんな服にも合わせられて、ヘビロテしています

おすすめ③:かわいい小物はAwesome Store

全国57店舗展開されているAwesome Storeは、おしゃれ節約キャンパーには必見です!
かわいい&インスタ映え間違いなし!
低価格だからトータルコーディネートも可能!
お店に一度足を踏み入れると、並んでいる商品がどれもかわいいAwesome Store。アウトドア用品の品揃えが他の雑貨屋さんに比べたら圧倒的に多いです!
しかも低価格で、小物関係を全てここで揃えることができます。そうすればキャンプでの小物がトータルでコーディネートができ、あっという間におしゃれキャンパーさんになれます
食器やカトラリー関係、クーラーボックス、ウェットティッシュ、さらにはイスや机も販売されています!
必要なものだけでなく、プラスすることでキャンプが格上げするアイテムも多数。ついつい欲しくなるものばかりです!
我が家にもなくてはならない存在で、ウッドプレートはキャンプ以外でも使っています。
(公式HPに掲載していただきました!)
↓↓↓
お店は全国展開されていますが、行きづらい方はネットでも購入できるのでご安心ください

おすすめ④:キッチングッズは100円ショップ

キッチングッズは自宅のを持って行くのが一番の節約ですが、キャンプで使うものは別にしたい!と思う方は100円ショップで揃えてしまいましょう!

キッチングッズがほとんど揃う!
見落としていた小物もついでに調達!

我が家のキッチンアイテムはほとんど100円ショップです

包丁、まな板、おたま、ボウル、バット、ピーラー…あげだしたらキリがありません。特に使い心地が悪いわけではなく、デザインのこだわりもないので100円で十分です!安ければ思う存分使えるというメリットもあります。

また、今は100円ショップもアウトドア用品に力を入れていて、「これあれば便利!」と思える商品がたくさんあるので見てみてください。

「キッチン用品買いに行こう~」と立ち寄っていろいろと見ていると、ゴミ袋、ちょっとした調味料(醤油やオリーブオイルのミニボトルなど)、ウェットティッシュなどうっかり揃え忘れていたのを思い出すこともできるので、私はキャンプに行く前必ず行きます!

写真のスキレットも、ダイソーです!

おすすめ⑤:やっぱりブランド物ならアウトレット

アウトレットにはなかなか行けない…!と思う人もいるかもしれませんが、私たちはとても助かったのでおすすめいたします!

ブランドアイテムがお得にゲットできる可能性○
お目当てのものがない場合も×
コールマンやモンベルなど一度は購入を検討するブランドのアイテムが、アウトレットではお得にゲットできるかもしれません。
しかし、「この商品が欲しい!」と思って行っても在庫が必ずあるとは言えないのであまり期待はできないですね「こういうのちょうど欲しかった!」と思うものが売っていたらラッキーです
もし行く機会があれば立ち寄ってみて、素材の感覚を見たり値段を確かめてみたり、比較の対象にするのもおすすです。
私たちは、ちょうどランタンを探していた頃にアウトレットへ行ったら、コールマンのランタンが安かったので購入しました!特にランタンへのこだわりがなく、ネットよりも安かったのが決め手です。他にもロゴスのマグカップも買っています!

おすすめ⑥:業務スーパー、ドン・キホーテ、カーシェア

最後にちょっとした情報をまとめて3つご紹介です!ぜひご参考ください。

食材は業務スーパー

現地のスーパーで食材を買うんだ!という方もいるかもしれませんが、自宅から持って行くものもありますよね。ツナ缶などの缶詰や、調味料、乾物など…そういったものは業務スーパーがおすすめです!

オリジナルの商品も侮れず、キャンプ飯を一層おいしくしてくれます!我が家はココナッツミルクとグリーンカレーペーストで作る本格的なグリーンカレーがお気に入りです!(としさんの好物でもあります。)さらに、スモークした牡蠣の缶詰など、そのままでも美味しいおつまみも充実
業務スーパーになかったら、近くのスーパーや現地のスーパーで買えば良いので、一度訪れてみてください。

比較としてドン・キホーテ

驚安の殿堂ドン・キホーテにも、アウトドア用品が数多く取り揃っています。思わぬ発見があるかもしれません!私たちも「一応見てみよう」とふらっと立ち寄ったドン・キホーテで、破格のカセットコンロを見つけてゲットしました。

コールマンやロゴスなどのブランドも取り扱っているため、実物を見てから値段をネットと比較するというやり方もおすすめです。

カーシェアをレンタカーと比較

マイカーをお持ちでない方は、カーシェアに登録してレンタルするのもおすすめです!

私たちはタイムズのステーションが近かったためタイムズカーシェアを利用しているのですが、これが本当にお得なんです。

初期費用に数千円かかったり、距離が遠くなればなるほど距離料金が加算されるというデメリットもありますが、月額基本料は実質0円(月880円かかりますが利用料として使われるため)、満タン返し不要給油や洗車をしたら割引がつく、気になる車に乗れるとメリットの方が多く感じます。

1泊の時は30時間ほどレンタルしますが、近くのレンタカーと比較したときにカーシェアの方が安いことも使っている理由として挙げられます。レンタカーを使われている方は、ぜひ料金の比較をしてみてください

お得にゲットして気軽にキャンプを楽しもう!

キャンプ用品がお得にゲットできる情報をまとめました。参考になったでしょうか?

道具を揃えることはもちろん、キャンプ場のレンタル代や交通費・ガソリン代など、キャンプをする上で出費は避けられません。でも、出費を気にして思いっきり楽しめないのはもったいないです!

抑えられるところは節約して他にお金をかけるのも良いですし、最初は安価なものから揃えて徐々にレベルアップしていくのもありです◎

気軽にキャンプを楽しみましょう~!